学芸員資格

学芸員資格取得

質問受講するだけで学芸員資格がとれるのですか
回答日本の大学の学士の学位(学部卒業)をお持ちの方なら、当講座にて資格に必要な単位を全て修得すれば「博物館学芸員となる資格」を有することになります。

国家試験受験の有無

質問受講した後に国家試験を受けなければなりませんか
回答日本の大学の学士の学位をお持ちで、当講座で資格に必要な単位を修得する場合には、国家試験の受験は必要ありません。
ただし、当講座を受講して、それぞれの科目の単位を修得するためには、試験やレポートなどで合格の評価を得る必要があります(授業の出席日数も考慮されます)。

免許の有無

質問受講したら免許がとれるのですか
回答学芸員資格は免許ではありませんので、免許状のようなものはありません。
学士の資格を有する方(日本の4年制大学を卒業された方)は、当講座での単位修得証明書と、大学の卒業証明書をあわせて「博物館学芸員となる資格を有する」ことを証明できます。

就職

質問資格を取れば就職できますか
回答資格取得と学芸員としての就職は直結しません。「学芸員」という仕事は非常に狭き門となっているのが現状です。大学として就職の紹介はしておりませんのでご了承ください。

他大・海外大学での修得済みの単位

質問大学時代に修得した単位が一部あるのですが、全てとりなおさなければいけませんか
回答博物館法に定められた単位を他大にて修得済みの場合、その部分は当講座で改めて受講いただく必要はありません。ただし、「博物館実習」の履修を希望される方は、「博物館概論」と「博物館資料論」の2科目は当講座にて単位修得済であるか、履修予定である必要があります。また、2012年度から新カリキュラムが施行されておりますので、2011年度以前に必要な単位を取りきらずに他大学等を卒業・退学されている場合は、新カリキュラムに読み替えた「博物館学芸員単位修得証明書」を請求いただき、新カリキュラム上で不足している単位を確認するようにしてください。
質問海外の大学を卒業していますが、受講して単位をとったら学芸員資格が取得できますか
回答海外の大学で学士を取得している場合、文部科学省が行っている資格認定試験を受験し、合格する必要があります。また合格後、学芸員補としての経験を1年以上積んでから文部科学省に申請を行い認定を受けます。(※ただし当講座で単位を修得した科目については原則として試験が免除になります。)
認定試験の詳細につきましては文部科学省の生涯学習政策局社会教育課までご相談ください。
【ご参考:文部科学省ウェブサイト 学芸員の資格認定について】

2012年度からの制度変更

質問学芸員資格制度が変更になるとのことですが、いつからどのように変わるのですか
回答2012(平成24)年度より、学芸員の専門性を高め、資質を向上させることをねらいとし、「博物館に関する科目」の最低修得単位数が、8科目12単位以上から9科目19単位以上に増えました。「博物館資料保存論」「博物館展示論」「博物館教育論」など、博物館活動をより実践的に学ぶ科目が新たに加わっています
なお、「正規生」は入学時の制度に従って単位を修得していきますが、当講座のように「科目等履修生」(「 科目等履修生とは何ですか?」参照)として受講していただく場合、資格取得の最終年度の法令に従う必要があるため、旧制度より継続して受講される方は学芸員資格取得には19単位の修得が必要となります。詳しくは下記、文部科学省ウェブサイトまたは「 新制度への移行について」をご参照ください。
履修済み旧科目の新科目への読み替えについては、次項(2011年度まで修得済み単位の新制度への振り替え)をご確認ください。
制度の変更についての詳細は以下、文部科学省ウェブサイトをご参照ください。
「図書館法施行規則の一部を改正する省令及び博物館法施行規則の一部を改正する省令等(平成21年4月)」

 

修得済み単位の新制度への振り替え

質問2011年度までに修得している単位は新制度にどのように振り替えられますか
回答原則として2011年度までに修得した単位はそのまま新制度でも使用することが可能ですが、「教育学概論」のみ、法令上の内容が異なるため「博物館教育論」(2単位)を履修しなおす必要があります。また「博物館資料保存論」「博物館展示論」は旧科目で対応する科目がありませんので、必ず履修が必要です。
詳しくは「 新制度への移行について」をご参照ください。

早稲田大学での受講

科目等履修生とは

質問科目等履修生とは何ですか
回答講座を受講するための大学における立場をさし、学士学位取得を目指して4年間在籍して卒業を目指す一般学生を「正規学生」と呼び、1年単位で学生として籍を置く科目の聴講生の立場を「科目等履修生」といいます。これから受講をお考えのみなさんは文学部の科目等履修生として、講座を受講していただきます。正規学生と同じように授業を受け、試験やレポート課題に取り組むことで大学の正規の単位を修得できます。在籍期間は当該年度の終了日(翌年3月15日)までです。

定員

質問定員は何人ですか
回答講座自体に定員は設けていません。ただし「博物館実習」については設定しており、3週間コースは約150名、2週間コースは約25名です。
また、一部の選択科目にも定員を設定しています。

授業レベル

質問授業のレベルについて教えてください
回答当講座は大学の授業ですので、授業内容はもちろん レポートや試験も通常の大学の学部の授業と同等のレベルで課されます。また成績の評価においては出席日数も考慮されます。

日本美術主体の構成

質問日本美術主体の講座と聞きましたが、西洋美術の講義や実習はないのですか
回答今年度は予定しておりません。学芸員講座なので、西洋美術での講義や実習もあるものと思い込まれている方もおられるようですが、主軸は日本・東洋の美術です(実習のプログラムによっては額装を扱う時間があります)。講座は、早稲田大学文学部の伝統として、日本や東洋の美術を中心に組まれています。日本美術の歴史も相当の厚みや蓄積がありますので、集中講座の特性から、これを軸に学んで頂くのが良いと判断しています。また、上記の質問を投げかけられた方も、講座終了時には「日本美術を学べて良かった。洋風のくらしが普通になった今、実習の中で日本文化が息づいていることをあらためて感じ取れた」との感想をいただいています。なお、選択科目として洋画の保存修復の授業を設置しています。

複数年度の受講

質問体力に自信がありません。仕事を休めないので、ひとつの科目を複数年で受講できますか
回答ひとつの科目は一年間で履修していただくことになっています。

他機関での単位認定

質問博物館実習を(当講座でなく)他の施設で受けて、単位として認定してもらうことは可能でしょうか?
回答当講座では他の施設で行った実習の単位認定は行っていません。

選択科目のみの受講

質問選択科目だけを受講することはできますか
回答できます。ただし、書類選考の結果、履修できない場合もあります。

参加者の傾向

質問講義は一般学生との混合で行われるのですか
回答「博物館実習(3週間コース)」・博物館資料保存論・生涯学習概論・選択科目は学部正規生との共同授業となります。
質問どのような方が受講されているのですか
回答この講座は、多種多様な人の集まりです。これまでにこの講座に参加してくださった方のプロフィールをあげてみます。美術館を経営されている方、美術館の設立を予定されている方、美術館にお勤めの方、指定管理業者の方など美術館関係者、その他に会社員、自営業、主婦、研究員、教師(小学校から大学まで)、学校職員、会社経営、NPO法人関係、財団勤務、図書館勤務、文化行政担当、文化財調査、病院勤務、医師、編集者、写真家、経営コンサルタント、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、空間デザイナー、コピーライター、システムエンジニア、マスコミ関係、映画助監督、音楽家、画家、建築家、保険関係、画廊勤務、派遣社員、翻訳家、大学院生、定年で悠々自適の方まで実に多彩でした。そのため、志望動機はひとによりさまざまです。大きくは切実に資格取得を目指す方と資格を契機に勉強したい方とに二分されますので、それぞれの方のスタンスを尊重して参加してください。

通学定期購入

質問通学定期や学割によるJR切符の購入はできますか
回答科目等履修生は通学定期や学割によるJR切符は購入できません。あらかじめご了承ください。

宿泊施設

質問地方から参加します。宿泊施設の紹介はありますか
回答宿泊施設の紹介は行っておりません。

託児所

質問託児施設はありますか
回答詳細は以下まで直接お問い合わせください。
学生・教職員用託児室

学費の振込方法

質問学費の振り込みはATM・インターネットバンキングでもできますか。
回答金融機関窓口のみ可能です(ゆうちょ銀行を除く)。ATM・インターネットバンキングではできません。

資格の証明

質問必修単位をすべて修得しました。資格を証明するために何か申請が必要ですか
回答現在、学芸員資格には教育職員のような免許状はありませんので、特別な申請をする必要はありません。日本の大学の学士号を有し、必要な単位を修得することにより「博物館学芸員となる資格を有する」ことになります。
ただし、就職等のために資格を有していることを証明する必要がある場合は「博物館学芸員単位修得証明書」および日本の大学の学部の「卒業証明書」を就職先に提出してください。
当講座修了後、早稲田大学からは「博物館学芸員単位修得証明書」を発行いたしますので、必要な方はお申込みください。詳しくは 証明書の発行をご確認ください。
質問資格取得証明とは何ですか
回答文部科学省が2009年6月に行った「改正学芸員養成科目に関する説明会」において、『大学において「博物館に関する科目」を修得し、学芸員資格を取得した場合には、法令上義務付けられていないが、学生の就職等の必要性を考慮して、各大学において修了証書又は資格取得証明書を発行することが望ましい』という話がありましたが、2018年3月現在、明確な方針は示されておりません。発行可能となった場合は、改めてお知らせいたします。

証明書の発行

質問証明書を発行してほしいのですが、どのように手続きをすればよいですか
回答文学部ウェブサイト「 卒業生の証明書発行について」を参照してください。発行可能な証明書は「成績証明書(和文・英文)」、「在学期間証明書(和文のみ)」【在学期間終了後(3/15以降)に発行可能】、「博物館学芸員単位修得証明書(和文のみ)」です。1通あたり300円の発行手数料がかかります。ただし、科目等履修生として在籍した年度の3/31までにお申し込み頂いた場合は1通200円となります。
複数年度にわたって受講されている場合、証明書は年度ごと(学籍番号ごと)の発行となります(複数年度にわたって修得した単位を1枚の証明書で証明することはできません)。

オンデマンド授業

受講の必要性

質問オンデマンド授業を受けないで単位修得できますか
回答2011年度から必修講義科目はオンデマンド授業部分と対面授業部分で構成されています。そのため、オンデマンド授業を受けずに単位を取得することはできません。

対面受講との関連

質問オンデマンド授業と対面授業はどのような順番で受講すればいいですか
回答オンデマンド授業は対面授業に先駆けて受講します。各科目ともオンデマンド授業を受講してから対面授業を受講するよう構成されています。

受講(視聴)期間

質問オンデマンド授業はいつまでに受講しなくてはいけないのですか
回答各科目とも、指定された日から対面授業開始前日までに受講してください。また受講終了後、確認テストを各科目の対面授業開始前日までに必ず受験してください。対面授業は暑い中、高密度・高スピードで進みますので、できるだけ7月末の対面授業開始前までにすべての科目の受講と確認テストの受験を完了しておくことをお勧めいたします。なお、対面授業開始後も、講座終了までは参考として視聴することは可能です(但し、出席扱いにはなりません)。

受講(視聴)環境

質問オンデマンド授業はどのような環境で受講できますか
回答推奨環境について、下記サイトでご案内していますのでご確認ください。
オンデマンド授業を受けるためには

受講(視聴)方法

質問オンデマンド授業はどのように受講すればいいのですか
回答オンデマンド授業は、講師映像と説明資料で構成されます。音声と動画で構成されていますので、端末のスピーカーを使える環境をご用意いただくか、またはヘッドフォンなどをご用意することをお勧めいたします。

サポート体制

質問オンデマンド授業で分からないことはどこに問い合わせればいいのですか
回答入学前のご質問/ご相談は「 お問い合わせ」の総合案内へお問い合わせください。

対面授業

教室

質問授業が行われる教室はどこでしょうか
回答受講案内送付時に「授業実施予定教室一覧表」を同封します。

講義形式

質問講義はどのような形式で行われるのですか
回答一般的な講義形式に加えて、グループワーク形式・ワークショップ形式が取り入れられている講義科目もあります。

評価方法

質問成績評価方法について教えてください
回答教場試験、レポートなどで行います。試験方法、レポート提出方法などは各科目によって違いますので、オンデマンド授業または教場でのお知らせにご注意ください。出席日数も考慮されます。
なお出席が総授業回数の3分の2に満たない場合は、試験レポートの成績に関らず原則として不合格となります。

体調不良

質問授業で体調が悪くなったらどうすればいいですか
回答保健センターが33号館地下1階にあります。授業中に気分がすぐれない場合は担当教員またはTAまでお知らせください。
早稲田大学保健センター 戸山分室

開講前準備

質問開講前に準備しておくことはありますか
回答当ウェブサイトに掲載されている各教員からの参考文献などをお読みいただくことをお勧めいたします。また、講義についていけるか心配される方が多いのですが、社会人にとって一番負荷がかかる点が、小論文やレポートを書くということだと思います。教室で急に書かされてあわてるよりは、事前に「何か他人に伝える」という意識で、文章の練習をしておくと良いでしょう。

服装・持ち物

質問授業の持ち物や服装について教えてください
回答基本的な筆記用具を用意してください。実習に際しての服装は授業初回に各教員から説明がありますが、汚れてもよい服装、歩きやすい靴、肌の露出の少ない服装を心がけてください。
実習時の服装については以下をご参照ください。
博物館実習時の服装等について

遠方からの参加

質問遠方から参加しますが、何か注意することはありますか
回答遠方から来られる方は、講座が始まってからご負担のかからないよう、前項の基本的な持ち物や服装の他、受講案内等の必要情報をあらかじめご確認ください。講座がはじまると、買い物に行く時間が日中はとりにくい場合があります。
レポート提出課題が多いのでパソコンをお持ちになると便利ですが、必須ではありません。受講案内でご連絡する各個人に付与されるWasedaIDを使用して学内のパソコンを使うことも可能です。戸山キャンパス内の端末室をWasedaIDでログインして利用することもできます。また、オンデマンド授業もそこで受講することができます。
戸山キャンパス コンピュータールーム

開講中の過ごし方

質問昼食はどうされているのですか
回答お弁当を用意されるか、コンビニで事前に買い物を済ませておくなどの対応をお願いします。講座期間中、学食(カフェテリア)の営業は行っておりません。
質問開講中の過ごし方について教えてください
回答みなさん最初は緊張されています。2、3日目から大学へ通うというリズムになってきます。いったん講座がはじまると、知的な刺激が洪水のように押し寄せてきます。なるべく早くからご友人をつくっていくことがこの講座を乗り切るポイントとなります。教室形式であれば近くの方々と仲良しになっていくのがおすすめです。大型教室の場合は、席はできるだけ前の方が有利です。実習科目になるとグループ形式なのでかなり和気あいあいと年齢差をこえて同志感が芽生えるようです。点数によって資格取得を競争する講座ではありませんので、協力しあいながら参加してください。
また、この講座で一番大切なのが学力よりもむしろ体力です。徹夜はなるべく避けてください。暑い中、高密度で高スピード、意識もハイテンションな流れにのって日々が進みます。お盆休みや土日を有効につかって緩急ある生活リズムを調整してください。カリキュラムをみるかぎりで、「お盆期間がなければもっとまとめて早くとれるのに」という声もきかれますが、この期間がないと、きっと後半の講義・実習に影響がでます。あまり体力を消耗するような予定を入れない方が賢明です。

成績発表

発表方法

質問成績はいつ発表されるのですか
回答10月中旬までにインターネットを通じて発表します。また補助的な手段として郵送による通知も行います。
郵送による通知は証明書ではありませんので、公式の証明書が必要な方は「成績証明書」をお申込みください。

在籍期間

質問授業終了後、いつまで科目等履修生の資格がありますか
回答在籍期間は当該年度の終了日(翌年3月15日)までです。

受講後の展望

質問受講後の展望について教えてください
回答過去の講座の受講者のなかで、10人以上の方が学芸員または学芸員に準ずる形で就職を果たされたようです(事務サイドで把握した限り。自分で美術館をお持ちだったり計画中の方やすでにお勤めの方は除いています)。
受講後は、美術館見学や勉強会など、活発な交流が行われています。いろいろな人に出会えて、美術館や博物館をそれこそ表裏から味わうことのできることがメリットです。この講座は、「場と機会と人脈」が交差する場です。
博物館や美術館は、講義でも説明がありますが、今後さまざまなかたちで市民社会と連携した運営や企業レベルでの活用が徐々に行われていくことが予想されます。従来のように美術館や博物館に学芸員として勤務しなくても、学芸員資格をもった一般市民として、<市民学芸員>の活躍する場や機会も増えていくことでしょう。

当講座の終了について

質問2019年度以降、早稲田大学で当講座と同様の社会人向け学芸員資格取得講座の開講予定はありますか。
回答ありません。2019年度以降、社会人の方が当学で学芸員資格を取得することはできなくなります。
質問講座が終了する2018年度までに必要な単位を取りきれない可能性はありますか。
回答博物館実習に定員を設けている関係上、複数年度にわたって継続して履修する方でも、2018年度までに必要な単位を取りきれない可能性があります。この場合でも当学にて特別な対応を行うことはありません。出願を予定されている方はこのことを了承のうえご出願ください。
質問「博物館実習」が履修可能な他大学等を紹介してもらえませんか。
回答他大学等の紹介は行っておりません。なお、実習を一般に開放している大学は非常に限られております。当講座で「博物館実習」が履修できず、資格取得要件を満たすことができない可能性があることを前提に受講をご検討ください。
質問当講座で修得した単位は無効となるのでしょうか。
回答当講座終了以降も、当講座で修得した単位が無効となることはありません。引き続き文学学術院事務所にて証明書の発行を承ります。