博物館概論

担当者 山田 磯夫 オンデマンド授業 対面授業
単位 2
学芸員を目指す受講生の起点となる科目として、学芸員養成科目全体を俯瞰し、相互のつながりを明確にしながら講義する。
博物館とは何か、学芸員とは何か、そしてどうあるべきか。受講生には常に考えて欲しいテーマである。そこで、博物館および学芸員を理解するために、生涯学習機関としての博物館の特徴、さらに現代の博物館や学芸員をめぐる諸問題を解説し、博物館の課題と展望について考えを深めたい。本講義では、博物館の歴史、博物館の目的・種類、博物館の機能、学芸員の役割、博物館関係法規などについて理解を図る。

博物館経営論

担当者 篠 雅廣 オンデマンド授業 対面授業
単位 2
ミュージアムにおける「経営」とは、どういうことなのか、いくつかの事例を挙げながら説明します。最終的には、従事者、設置者、利用者のさまざまな思いを担っているであろうミュージアムが、本当は誰のために、どうして存在しているのかについて論議を重ねたいと思います。

博物館資料論

担当者 前山 裕司 オンデマンド授業 対面授業
単位 2
博物館活動の根幹となる博物館資料について、美術館と美術作品を中心にしながら、(1)資料の収集、(2)資料の特性、(3)調査研究、(4)関連法規などに関する知識と技術の習得を図る。また、現場で起こる具体的な事例や、海外の美術館との比較、日本の博物館/美術館が直面する問題などを紹介し、資料論にアクチュアルな視点を導入する。

博物館情報・メディア論

担当者 濱崎 好治 オンデマンド授業 対面授業
単位 2
博物館及び美術館には、どのようなメディアが収集、保存されているのか。またメディアを活用して、いかなる活動を行っているのか。具体的な事例を示しながら課題について解説していく。博物館における広報活動のあり方、教育普及など情報発信としての機能について、また収蔵品のデジタルアーカイブ化の目的と成果、ウェブサイトのあり方について考えます。

博物館展示論

担当者 高橋 信裕薩摩 雅登 オンデマンド授業 対面授業
単位 2
博物館の教育普及活動の中核にある展示論を実学的、実務的な観点から検証し、博物館リテラシーを高める。

博物館資料保存論

担当者 山田 磯夫関 義則 オンデマンド授業 対面授業
単位 2
博物館資料は、博物館の機能を支える重要な「財産」であり、その保存と活用を通じて博物館活動が成立している。本来、保存と活用は矛盾した行為であるが、博物館においてはそれを両立させなければならない。そのためには資料の劣化・損傷のメカニズムを科学的に理解し、その知識を利用して劣化の可能性を小さくするように管理する保存科学的方法を取得させる。近年は、史跡、文化的景観や重要伝統的建造物群などに付属する野外博物館も多くなっている。そのような形態の博物館における資料の保存についても、その基本的知識を習得させる。

博物館教育論

担当者 小笠原 喜康並木 美砂子佐藤 優香稲庭 彩和子 オンデマンド授業 対面授業
単位 2
本講義は、博物館法が改正されて学芸員養成課程に新たに設置された科目である。これは、以前において「教育学概論」などとして開設されていたものを近年の博物館における教育への関心の高まりから、博物館に特化して学んでいただくことを目ざす科目である。
博物館は、従来近代教育の弊害をカバーする教育施設とみられてきた。近代教育すなわち、同一年齢・同一内容・一斉教授の弊害は、少なくても百数十年以上前から指摘されてきた。それは、近代教育が成立して普及してすぐにであった。
そこで本講義では、博物館教育とはどのような教育なのか。果たして学校教育とは違う教育施設なのかという原理的な問題から、実際のさまざまな博物館での実際の教育の実際、そしてワークシートやワークショップの作り方、さらには実際の博物館研究と教育プログラムの作成まで、一貫した博物館教育の問題を理解する。

生涯学習概論

担当者 阿比留 久美 オンデマンド授業 対面授業
単位 2
本講義は次の内容を通して生涯学習の可能性と課題を理解したうえで、生涯学習を支援する学芸員が果たしうる役割について考える。
・生涯学習をとらえるための基本的視点と理念
・日本の生涯学習に関する政策・制度の展開、学校教育との関係・連携・協力
・生涯学習の実践事例とその中で行われている学習内容・学習方法
・生涯学習の学習方法の体験と理解

博物館実習

担当者 村松 哲文杉本 欣久片岡 直樹関 義則井上 尚明
鈴木 泉淵田 雄山田 磯夫真田 尊光岡本 明子
原口 雅樹
対面授業
単位 3
学芸員の日常の活動内容は多岐にわたり、調査・研究・展示・保存・管理・教育普及などさまざまである。これらはいずれも作品および資料の性格にあわせて実施されるので、取扱う技術と正確な保存管理上の知識を身につけておかなければならない。そこで、人文系博物館および美術館の学芸員として必要な業務を体験しながら理解し、會津八一記念博物館での実務経験を経て実践的な能力を養う。なお当科目は複数の教員が交替で担当する。

文化財保存修復(木造彫刻) ※2014年度までは「文化財保存修復Aクラス」

担当者 櫻庭 裕介小松 武彦 対面授業
単位 2
本授業は日本の文化財の中でも、とりわけ仏教美術を中心とした木造彫刻の保存修復をおこなうものである。 文化財修復の全てを集中講義という限られた時間内で理解してもらうことは非常に難しい面もあるが、日本の仏像の技法・材料史、保存修復の歴史、修復に用いられる材料などの解説を行いながら、受講生諸君には実際に破損仏像を預け、調書の取り方、記録写真の撮影、保存処置の方法等を実習から学んでもらうつもりである。像の規模、損傷状況によりグループの人数に変化があることはむろんであるが各破損像の状況も様々であることから、なるべく各受講生の要望を取り入れていきたいが全てを満足していただけない場合もあることを了承してもらいたい。
※この授業は、実習時間を確保するために、授業時間を延長または開始時間を早めて行う場合があります。くわしくは初回授業時に説明します。

文化財保存修復(日本画・古文書) ※2014年度までは「文化財保存修復B/Cクラス」

担当者 庄司 文計 対面授業
単位 2
本科目は学芸員の仕事として直接関係のあるものではない。しかし学芸員は常に作品や資料を調査、研究、展示をするのが主な目的となるであろう。その場合「手に触れる」という行為無しには仕事にならないものである。その為には資料、作品等の材質技法等を熟知し、その作品の構成や保存環境を深く認識し、その作品の弱点を見極めなければならない。授業概要は以下の通り。
(1)日本における文化財修復
(2)裏打、屏風等の下張など(演習施行)

文化財保存修復(洋画)

担当者 村松 裕美 対面授業
単位 2
油彩画の損傷状態を調査する方法と修復について学びます。また絵画の歴史、主に技法・材料の歴史から、作品がどのようにして現代まで残されてきたのかを考察します。

資料保存修復(近現代文書)

担当者 有友 至中島 郁子 対面授業
単位 2
文書修復の基本を学びます。文書の構造、文書・紙の劣化などに関する基本知識の講義、さらには紙資料の保存処理、修復技術(記録・解体・裏打ち・復元)、保管・収納の技術などを総合的に扱います。

文化財専門講義(日本絵画史)

担当者 谷川 ゆき新江 京子 対面授業
単位 2
中世から近世の日本絵画史の流れ(主に世俗画)について学びます。各時代の名品への親しみを深めると同時に、それらを調査・研究するための基礎知識や作品の持つ情報の把握方法の習得を目指します。

文化財専門講義(日本工芸史)

担当者 小松 大秀/池田 宏加島 勝 対面授業
単位 2
日本の伝統工芸の中でも特に独自の発展を遂げた「漆工」「刀剣・甲冑」「金工」の歴史について、それぞれの専門家がオムニバス形式の授業を展開します。理解を深めるためにそれらの技法や構造、保管や展示方法などにも幅広く触れます。