この度国際日本学拠点では下記の通り史学と文学に関連する国際シンポジウムを開催いたします。

国際シンポジウム「古代史料に見る歴史と文学」
The international symposium:Perspectives on Japanese history and literature from ancient historical records

開催日:2019年1月20日(日)

スケジュール:第1部 10:00~11:30  第2部 12:30~16:50

会場:早稲田大学戸山キャンパス33号館6階 第1会議室

登壇者:
ブライアン・ロゥ(ヴァンダービルト大学助教授)藤本 誠(慶應義塾大学助教)
マシュー・フェルト(フロリダ大学助教授)桑田訓也(奈良文化財研究所主任研究員)
仁藤敦史(国立歴史民俗博物館教授)高松寿夫(早稲田大学教授)

コメンテーター:ディヴィッド・ルーリー(コロンビア大学上級准教授)  河野貴美子(早稲田大学教授)

総合司会:川尻秋生(早稲田大学教授)
開会の辞:高松寿夫(早稲田大学教授)
閉会の辞:李 成市(早稲田大学教授)

使用言語:日本語
対象:学生・教職員・一般
参加無料・予約不要

お問い合わせ先:早稲田大学文学学術院事務所 03-3203-4381

詳細は下記をご覧ください