翻訳の力――詩歌を訳す?――

この度国際日本学拠点では、和歌や短歌の翻訳を積極的に実践してこられたシェフィールド大学助教授のトーマス・マッコーリ氏と大東文化大学名誉教授のジャニーン・バイチマン氏による講演会を共催します。講演会に続くワークショップでは、歌合(うたあわせ)にならった「翻訳合(ほんやくあわせ)」を実践するとともに、ディスカッションをおこない詩歌の「翻訳」の可能性を探ります。

【イベント概要】

タイトル:「翻訳の力――詩歌を訳す?――The Power of Translation : Who’s Afraid of Poetry?」
日時:2019年11月15日(金)14:50 – 17:40
会場:早稲田大学 戸山キャンパス 33号館3階 第1会議室
主催:早稲田大学総合人文科学研究センター「創作と翻訳の超領域的研究」部門
共催:
スーパーグローバル大学創成支援事業 早稲田大学国際日本額拠点
早稲田大学総合人文科学研究センター 角田柳作記念国際日本学研究所
科学研究費助成事業 基盤研究(C):(課題番号16K02377 代表 陣野英則)

講演者:
トーマス・マッコーリ  シェフィールド大学助教授
ジャニーン・バイチマン 大東文化大学名誉教授
短歌翻訳:
アンドルー・ハウウェン 東京女子大学准教授
和歌翻訳:
ローレン・ウォーラー イェール大学大学院博士候補生
司会:
緑川眞知子 早稲田大学講師
開会の辞:
安藤文人 早稲田大学教授
閉会の辞:
陣野英則 早稲田大学教授

使用言語:英語(講演)/ 日本語・英語(ワークショップ&ディスカッション)
参加対象者:学生・教職員・一般
参加費:無料
予約:不要
問い合せ先:早稲田大学文学学術院事務所 03-3203-4381

詳細は以下のチラシをご覧ください。