今年10回目を迎えるベルリン在住の作家・多和田葉子とジャズピアニスト・高瀬アキ出演のパフォーマンス公演およびワークショップを以下の通り開催します。
是非この機会にお楽しみください。

公演について
今年は演劇における脱構築で知られるハイナー・ミュラーをテーマに、彼の代表作『ハムレットマシーン』をさらに脱構築。
ワークショップでは、テクスト朗読を即興音楽により、新しいパフォーマンスの可能性を探ります。

出演
多和田葉子
早稲田大学卒業。詩人・小説家。日本では芥川賞・谷崎潤一郎賞、早稲田大学坪内逍遙大賞、ドイツではゲーテメダル、クライスト賞をはじめとした数々の文学賞を受賞するなど、日独両国で精力的に活躍している。

高瀬アキ
ヨーロッパやアメリカをはじめとし世界各地で演奏活動している音楽家。ジャズ、即興音楽を中心としたパフォーマンスは国際的に高く評価され、現在ではコンテンポラリージャズの第一人者としてその名を広く知られている。

日時
1、パフォーマンス「奇怪仕掛けのハムレット」
2019年11月14日(木)
18:30開演 20:30終演予定 (18:00開場)

2、ワークショップ「言葉と音楽」Vol.10
2019年11月15日(金)
16:30開演 18:30終演予定 (16:00開場)

会場
早稲田大学小野記念講堂
(東京都新宿区西早稲田1-6-1 早稲田キャンパス27号館地下2階)
入場料 無料
(予約不要・全席自由・当日先着200名・未就学児入場不可)

問い合わせ
松永美穂研究室 03-5286-3637
早稲田大学文化企画課 03-5272-4783 (月~金 9:00-17:00)

主催
早稲田大学文化企画課
スーパーグローバル大学創成支援事業 国際日本学拠点
早稲田大学文化構想学部 文芸・ジャーナリズム論系 松永美穂研究室

詳細は以下ポスターをご覧ください。