The Tadashi Yanai Initiative for Globalizing Japanese Humanities
柳井正イニシアティブ グローバル・ジャパン・ヒューマニティーズ・プロジェクト

早稲田大学は、政治経済学卒(1971年)の本学校友である柳井正氏(株式会社ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長)の個人の御篤志により、日本文化学のグローバル化に取り組むプロジェクト「柳井正イニシアティブ グローバル・ジャパン・ヒューマニティーズ・プロジェクト(The Tadashi Yanai Initiative for Globalizing Japanese Humanities)」を発足します。

このプロジェクトは、これまで日本とアメリカそれぞれで進められていた日本文化学研究をひとつのネットワークとして構築し、日本のすぐれた研究者の独特の知識と経験をグローバル化に伝播させるとともに、英語圏の日本文化学研究に触れる機会を設けて、日本の研究者や学生が互いに切磋琢磨する中で、未来の日本の文化学を創造することを目指します。
※角田柳作記念国際日本学研究所の訪問准教授であるマイケル・エメリック氏(UCLA上級准教授)は、本事業の発起人のひとりとなっています

既にプロジェクトの第一弾として、UCLAとの連携事業が開始しております。早稲田大学は、「スーパーグローバル大学創生支援事業」として、コロンビア大学とUCLAの3校をハブ拠点とする、国際日本学の研究ネットワークの構築を計画しており、このUCLAとの連携プロジェクトはその中核を担っていくものであります。